2013年03月01日

仏名会〜soundome 年末の奇跡

今更ながら、年末のイベントについて書く。

仏名会、毎年恒例となるフリスタイベント。
1年間にたまった心の垢を、礼拝行によって清浄にする。
腹の底から叫ぶように仏名を唱え、何度も五体投地をする。
汗がほとばしり、声がカラカラになる。衣を引き裂いて礼拝した僧侶もいた。

それはまるで、心ない人に今にも踏まれんとする、ぴょこぴょこ、げこげこと命乞いをする蛙のように
必死に、ただ一心にそればかりを繰り返す。
命乞いをする蛙たちは思う・・・・・こんなに辛いのなら、踏まれたって良い。
それで、この人の一部になれるなら・・・・・。礼拝が終わった蛙たちは、
心のよけいな執着を収め、静かで穏やかな気持ちになる。
心ない人と思っていたおおきいものは、踏むどころか、この蛙たちを見たことのない清浄な湖に解き放ってくれる。
清浄な湖は極楽のような澄み切った場所。

2部が始まる。
澄み切った湖に、曼荼羅のようなカラーが落とされていく。

朗読 加美幸伸
ギター yuichiro
クリスタルボウル yugi
この3人のパフォーマンス。

yuichiroは海外で認められるミュージシャンであり、サウンドプロデューサー。
彼のサウンドがこのステージの要である。
なぜなら加美氏もyugiも、ノンミュージシャンであるからだ。
音楽を作ってるのは、yuichiro 唯一彼だけと言っても良い。
あとの二人はそのサウンドにのせて泳ぎ回る。

yugiとyuichiroの音楽パフォーマンスは、最もぴったりと通じ合っている時期だった。
ちょうど二人はyugiのアルバム「六大」のレコーディングの真っ最中であったからだ・・・

この二人のアンビエントなサウンドにのせて、加美氏の朗読が溶け込むように
融合し始める。
ドアーズの詩、釈尊の言葉。いずれもその心が
我々に写ってくるような、そんな、音楽、朗読であった。

DJとミュージシャンと僧侶、それぞれ別の道を歩む
3人が、それぞれの個性をぶつけ、一つのステージを作り上げる。

mandara-soundome
このステージは年末の奇跡であった。

281060_503620943002295_1350482819_o.jpg
posted by yugi at 14:39| Comment(0) | クリスタルボウル

2013年02月11日

ブログで紹介されています

「六大」がブログで紹介されています。

アルバムに参加頂いた建水氏
tate log

天台宗僧侶 河野氏
慈光寺 ジゲンのブログ

有り難うございました。
posted by yugi at 18:41| Comment(0) | クリスタルボウル